わろてんかの第51話感想「藤吉のアホー!」

わろてんか51話は、リリコの東京での成功を祝い、芸人仲間と歌子のお店で飲み会をするところから始まります。リリコは洋装のいでたちで、さらにかわいくなっていました。

 

 

藤吉はさっそく、リリコに寄席に出てくれと藤吉がお願いしますが、リリコは娘義太夫を辞めたとあっさり言い寄席には出られないと言い切りました。藤吉たちがなんで辞めたのかと問いただします。

 

 

リリコは人気が出てからいじめられたり、人間関係のトラブルがあったりで疲れてしまったと言っていました。飲み会の最中に隼也が泣きだして、てんがあやしていると、リリコが代わって上手に隼也をあやしていました。

 

 

昼間、てんが藤吉に兜の話をしようとすると、亀井さんに呼ばれて隼也をお願いして出て行きました。芸人仲間が藤吉に新しい芸を提案していると、喧嘩になるキースとあさりさんを見て二人のそのやり取りを芸にすればと盛り上がり、隼也を残して部屋から出て行ってしまいました。

 

 

隼也がまたいなくなってしまい、部屋に戻ってきていた藤吉も気付いていなかったようです。戻ってきたてんは藤吉と慌てて隼也を探し出します。岩さんが隼也はリリコが外に連れていったと教えてくれました。

 

 

一人で泣いている隼也を見つけたリリコが連れ出していました。てんの家に女性陣だけが集まり、てんはリリコに隼也の事についてお礼を言います。トキとてんが藤吉の愚痴を言っていると、リリコが笑いながら巾着を取って、巾着の中に向って愚痴を吐き出す「堪忍袋の緒が切れた」話を披露してくれました。

 

 

てんもやってみてはと勧められて、巾着に溜まっていた愚痴を大声で吐き出します。リリコもそれを聞いていて楽しそうにしています。愚痴の内容が現代の共働き夫婦の愚痴と変わらない感じがして面白かったです。

 

 

愚痴を吐き出して笑っているところで風太が尋ねてきて、金太郎の置物を隼也に持ってきてくれました。まだ実家に帰ってないのかとトキが言うと、しばらく大阪に居ると言い出しました。

 

 

帰ろうとする風太をリリコが追ってきて、どうして大阪にとどまるのか聞きます。風太は自分を気に入ってくれた人が居るのでしばらく厄介になると答えました。その後風太は寺ギンさんのところに現れます。寺ギンさんは芸人さんを首にしているところでした。

 

 

見込みがなかったらすぐに辞めさせることも本人のためだと寺ギンさんが話していると、風太は寺ギンさんが芸人を物として扱っていないと意外そうにしていました。寺ギンさんの弟子になったのでしょうか。

 

 

てんが仕事をしていると、リリコが隼也の子守をしていて、藤吉が勝手に隼也の子守をお願いすることを決めていました。てんは外に出て、また巾着に向って「藤吉のアホー!」と叫んでいるところで今回のお話はおしまいです。

コメントを残す

このページの先頭へ