ひよっこ第90話の感想「一人の人間」

「谷田部みね子という一人の人間が好きだ」と、純一郎に言われたみね子、純一郎とみね子の気持ちは通じ合い、二人の間に問題はなくなりましたが、その後、鈴子さんや大家さんなど、二人はそれぞれ周りの大人からこの交際を心配されてしまいます。

 

もちろん、みんな祝福はしているのですが、いろんな意味での二人の「違い」の大きさを心配しているようです。そうですよね、人生の先輩として、二人より長く生きてきた者としては、二人を応援したいからこそ言わずにはいられないという感じですよね。

 

私もどちらかというと鈴子さんたちと同意見で、幸せな二人にちゃちゃをいれたいわけではありませんが、心配で色々言ってしまうと思います。でも、みね子は鈴子さんのそんな心配を有難く受け取りつつも、自分は大丈夫だとしっかり宣言しました。

 

頼もしいですね、初めてみね子が頼もしいと思いました。若さでしょうか、それとも純一郎の影響でしょうか。一方の純一郎は大家さんの言葉にみね子よりは考えてしまったようです。

 

これは自分の家柄や立場をきちんと理解している裏返しと取れると思いました。みね子に対する気持ちは変わらないようですが、果たしてこのままでいいのか、など、考えなければいけないこともわかっているようです。

 

大家さんの言葉じゃないですけど、昔から身分違いの恋というのがあって、だいたいはうまくいかないもので、でもそれなのになくなることはない。

 

実に不思議で面白いですね。この二人にはできたらこのままくっついて欲しいと本当に思いますが、多分そうならないと思うのが私の予想です。引き続き見守りましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ